Et cetera  こんなご時世でも、結婚披露宴に。

 

 

このコロナ感染者が爆発的に増えている最中に、

同僚の男子が結婚式を挙げ、その披露宴もするので、ぜひ来てほしいと招待がありました。

普通、結婚式の招待状って、数ヶ月前に発送するものですが。

コロナでギリギリまで遅らせて様子見をしていたらしいです。

イヤだな・・・・・そんなに密になる場所に行きたくないですよ。

第一、都内で、挙げるなら、

百合子の許可が要るんじゃないの?まさかね・・・・・。

買い物を3回を1回にしろって、去年と同じじゃない。

それより、入院待機の場所を作るべきでしょ。

ホント、何もやらないよね。責任の押し付け合いばかり。

譲り合うより、人名が一番ですよ。

なので、都民は、安心して暮らせないです。

あれだけの場所があるのに、百合子バアサンは、知らん顔ですから。

やる気ないのかしら?

私は、ほぼリモートで自宅にいるけど、

毎日通勤している人も居るので、怖すぎますよ。

・・・・でも結婚式って、久しぶり。

美味しい料理が食べられるね・・ウフフです。

もちろんNOはないので、出席させていただきます。

こんなコロナ禍でも、結婚する人が居て、そして、日本の出生率を上げてくれるのだから、素晴らしい事だと思います。

子供を産んでくれないと、私達の年代の老後を支えてもらうのは、今から、生まれてくる子どもたちかもしれませんから。ありがたい事です。

披露宴なんて、なんのそのですよ。でも、何着て行こうかな。

 

 

*いつも応援クリック、ありがとうございます!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ