Health  46才の初産

 

a0022_000225

 

転職する前の、15年ほど勤務した会社での友人から電話がありました。
同じ部署、同じチームにいた同世代友で、会社呑み以外にも、旅行やハイキングによく行った仲間の一人です。

彼女・・・Yさんは26才くらいで結婚してからはご主人の仕事の関係で十数年の転勤生活でした。
とても仲のよい夫婦で、ご主人もステキな方で、私の憧れの夫婦像です。

結婚後、数年しても子どもが出来ないので、先々で早くから不妊治療に通いました。

人工授精は数回、
お腹が張ったりして辛い事もありましたが、期待したにも関わらずよい結果ではありませんでした。

そしてそれから数年はご主人の仕事が一番大切な時期だったようで、
不妊治療は夫婦協力が基本だそうで、それがなく、10年あまりの治療にこの頃ピリオドが打たれました。

そうなると、子ども一人に3000万かかると言われる分がなくなる訳ですから、経済的には余裕で、
当然、Yさんは専業主婦生活をエンジョイしました。

そして、40才を過ぎた頃、子どもは要らないと言ったご主人から、矢張り子供が欲しい、と。

その時彼女は43才、そこから、Yさんの妊娠への最終トライが始まりました。

探し出した某クリニックを受診し、Yさん夫婦は早速、体外受精に臨み、

一回目は出産に至らぬ妊娠でした。
そして数か月あけて2回目、長きにわたる治療がめでたく、ここで出産に至る妊娠に変わりました。

そのクリニックは、妊娠率は高く・・・・・と初めの頃から話は聞いていたのですが、
なにしろ、私は独身ですので、縁のない世界ですからピンときませんが、随分勉強になりました。

話が長くなったので、一度ここでアップすることにします。

この後、予想外の結果になりました。

 

*いつも応援クリック、ありがとうございます!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ