Et cetera  お尻、ですか?

以前、実家にいた頃の話ですが、

痴漢やストーカーに追いかけられた事がありました。

 

こんな私でも、若いというだけでターゲットにされたようで、痴漢や変質者まがいには閉口しました。

電車内には痴漢、ゴロゴロいますよね、できるだけ怖い顔して安全そうなポイントを探し乗車していましたが、

相手はなんとしても触ろうとするので、おもいきりヒールで踏んだり蹴ったり、

それで効かない時は、大声で助けを呼んだり。女性はみんな経験することですが、

こんな年齢になっても(前から見たら、きっと手をださないだろうに)後姿だと年齢がわからないのかな、と思う。

ご苦労さまです、と言いたいです。

今だったら、「ちょっと、何してんのよ!」位言えるかもしれないです。

なので、女性専用車は本当にありがたいと思っています。気を遣わずに乗れます。

 

ストーカーは、どこからつけてきたのかは不明ですが、自宅近くまでつけてきたり、

電話してきたり。2度ありました。

昔は父の名前で電話帳に掲載していたから、家の表札と住所で調べたようです。

そんなにスキのある恰好や、お化粧もしていないのに、

頭が変な人なんだと思います。

気持ちが悪く、警察にパトロールをお願いしました。

電話の内容は、バカバカしい内容で、

私が男性と付き合っているのを見たけど、自分と付き合う方がよい、とか言うのです。

なんとかに付ける薬はないというけど・・・。

だれなんだろう、と当分は気持ち悪かったです。

きれいな人ならまだしも、なんで私が、という疑問が残りました。

 

もう一人はずっとつけてるのに気が付き(いつも自宅近くのバス停で帰りに会うので変だと)

早歩きすると、向こうも早歩き、小走りするとまだついてくる、

ダッシュで走ると、向こうもダッシュで追いかけて来る、こんな恐ろしい事はないです。

近所の家に飛び込み、110番。

父にワンコ連れで迎えにきてもらい、

それから、数か月はバスをやめてタクシーで、高くつきました。

母は後日、菓子折りもってお礼に行くし、ホント、迷惑もいいとこでした。

 

そうそう、思い出しました。

一番笑える痴漢の話。

地下街を通って、通勤していた時、後ろから男性・・・まだ三十代位・・・が引っ付いてきて、

ささやくでもなく、ある程度の声量で、

「あの、お尻、触らせてください」

「エエッ!!」

恥ずかしいやら、驚いたのと、可笑しいのが同時で固まりました。

出社して一番におひろめ、

女子も男子も会社の上司まで、大笑い。

結果、お尻は魅力的なんだからよかった、という事でまとまりました。

お尻ねぇ・・・まっ、いいか、ってとこでした。

 

今日は本当は別の痴漢の逃走の一件を書きたかったのに、すぐ話が横にそれてしまいます。

明日にします。

2014.08.27 009

 

 

先日、おまけでもらった梨です。

毎日ありがたくいただいています。美味しいです。

それでは、おやすみなさい。

*いつも応援クリック、ありがとうございます!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ