Et cetera  NISAだと20万で4000円もらえるので・・・追金した。

先月、家庭内離婚友から ここ 教えてもらった、D社の投資信託について考えました。

 

私は現在、給与所得者なので、毎月の給与、年2回の賞与はあるけど、

3回目の就職で、在籍も短く高給取りとは程遠い、上、一人暮らしの生活費は重くのしかかってくる。

おひとりさまブログ、を読んでいたら、持ち家だったり、高額貯蓄だったり、

少額生活の型もおられるけど、

ワタシはどうも、金縮生活が続くと精神的にも縮じまるようで、疲れてきました。

一か月の金銭出納は、

収入

給与(残業込み・財形なし)手取り・・・・・・・・235000円~250000円

投資信託配当・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・4000円

支出

生保 終身保険・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・16000円

年金保険 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・12000円

年金保険・・・・・・・・・・・・・・・・・・・13000円

がん保険・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・7000円

銀行積立・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・40000円

家賃(管理費込み)・・・・・・・・・・・・・・・・93000円

公共料金(夏・冬は高いので年の平均)・・・15000円

食費(外食込み)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・45000円

医療費(ドッグ代込みの年平均)・・・・・・5000円

生活雑貨・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・6000円

衣服・化粧品・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・20000円

冠婚葬祭・見舞他・・・・・・・・・・・・・・・・・・5000円

100円以下は切り捨てで、これで、毎月は収支は0円というか赤字。

だから、貯金はどんどん崩れていってます。

 

銀行積立をやめたら、余裕はできますが、

貯金の穴埋めや家電購入、旅行費用はみんなボーナスから。

となると年間100万どころか、50万くらいの貯金も出来ない実態。

今後、おひとりさま街道を歩み続けるとすると、老後が寂しいです。

 

生保が多いように見えますが、どれも60才払い済で、終身は1500万単体で、年金に崩す事が可能。

この保険に医療費をつけて、入院時、一日、10000円、成人病の時は15000円

年金保険は万が一、お金が必要な時を考えて、二つに分けましたが、

基本48の最低金額ですが、60才満了時に、4万づつ年金が下ります。

ガン保険は、それ以外の病気で入院しても、一日、5000円。

長年、実家住だったので、貯金はしましたが、使い方も派手だったので、心もとない金額です。

 

それで、先月、20万の投資で4000円の配当があった投資信託を増額する決心をしました。

ニーサは年に100万の枠なので、銀行積立から、80万の出金。

80万で買い増しし、手数料を引いて、80口ほどを購入。

これで、一口につき、200円の配当が出るので、16000円ほどが追加になり、

総額100万で、20000円が毎月振り込まれる事になります。

9月1日に依頼したので、今月のはいとうには間に合うようです。

80万の出金には、多少リスクもあるので、考えましたが、家庭内離婚友は何十倍もの投資をしてるので聞くと、

いつでも売却できるから、下がるまで配当を受け取れば、NISA枠だし、絶対利益がでると言われての決心でした。

9月12日に振込が入るそうです。

2万は、当面貯蓄に回すつもり・・・でいます。

a1180_014272

 

 

 

 

 

 

*いつも応援クリック、ありがとうございます!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ