Et cetera  家庭内離婚夫の悲しい末路

続きです。

一か月の生活費が3万、かなりの非常事態だと思います。

黙って泣き寝入りはよくない、ケンカになっても、もっとガンガン要求すべき、

5人組の意見は、こうなのですが、本人が今一つ,討ち入り覚悟の覇気がない。

今でしょ、とさんざん言った所、

「実は今まで、何年も長い間、話し合って自分の気持ち、こうしたら、こう感じるとか色々、言ってきて、

今に至るだから、もう疲れた、一応ここに居たら、家賃はいらないから、この状態で数年いくつもり、

もう無理になる前には、弁護士に依頼するよ」

そんなに昔からうまくいってなかったとは知らなかった。

数年前年まで初めて不景気だったようで、その上、年齢差が引き金になっているようで、

モラハラ夫は、いつか自分を捨てて出て行くと感じているようで、ひとりの老後が心配になったようです。

以前に聞いたのですが、介護従事者の友人の話。

 

訪問介護で家に行くと、女性のおひとりさま、はきちんと食事もとり、適度に動き、部屋も小きれい。

ところが、おひとりさま男性はダメ。

好きな物を食べて呑んでる場合が多いから、健康面で問題多いし、家の中もひどい。

大体は糖尿に高血圧、肝臓、腎臓までアウト。

収入がきちんとあればいいけど、一人の年金だけで、賃貸での生活はきついし、

老いた母親とふたり、ってケースが多くって、自分はもう働けない年齢と身体、

その上、母親は認知で寝たきり、

母親に頼ってたから、何も出来ないし、そんな息子に育てた母親、ふびんだし、

こういうの辛いよ。男性のひとりはどうもね。

家庭内離婚友の夫も、この道を進む事になると思う。(母親は亡くなられていますが)

バカだと思う。

妻である友人に、してもらっている事がわかってないと思う。

男性の熟年離婚後は、破滅への道、を辿る人も多いと思う。もちろん、その反対もあるけど。

まあ、私にとっては、他人だし友人をひどい目にあわせてるので、天罰が下ればいい、ぐらい思っている。

 

「いよいよ受験も迫ってきて、子どものセンター試験申し込みだし、来年の入試受かれば、考えるつもり、

もしかしたら、東京かもしれないし、」

ヨッシャー、まかして!とは男のだし、言えないけど、それなら離婚して息子と二人で暮らせばいいと思う。

下宿代もたいへんだろうし、

またまた、人の心配してます・・・・自分はどうよ・・・・堂々のおひとりさま、でした。

 

昨日の晩ごはん、

2014.10.16 001

前の日のカレーにトンカツのせてカツカレー。

焦げました。

サラダは、大根・白菜・レタス・みず菜に温玉です。

牛のようにムシャムシャ食べました。

 

 

*いつも応援クリック、ありがとうございます!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ