Et cetera  ときめきました

すぐ磁気が変になるキャッシュカード、

生活費口座のカードだけは財布に常備しているのですが、

suicaや携帯は別にしてるのに、なぜかすぐ磁気エラーになるのです。

これでは、いざと言う時非常に困る。

毎日の生活費は給与日の20日に5万おろしても使い切る事もあるので、

一人暮らしの女子にとってキャッシュカードは命の綱。

 

それで、先日の打合せの際に時間があったので銀行の窓に立ち寄りました。

処理してもらってる間、ロビーのソファーに座っていたのですが、

ここで、おそらく10年に一度くらいの確率の出会いがありました。

 

私 の年令で、ステキ、と思うのは40代からちょっと頑張って60代前半、

年下は友達ではいいけど、ステキとは思えない。

それは私のナナメ前に座った男性で、

年の頃は48歳、だと思う。

白髪が少し入って、髪は無造作に清潔に整えられている。

横顔はアゴの線が男らしい。

肩幅は広く、首は短くない。

身体の芯がぶれてない。

ワイシャツの襟はもちろん、汚れていないし、摺り切れてもいない。

でも後ろからなので、よく見えないがピンストライプの細さがバツグン。

スーツは英国風トラッド、

スーツの生地は落ち着いた色合いで風合いがいい。

 

ここで、私が先に名前を呼ばれました。

番号札が若かったようです。

窓で確認してもう少しお待ちくださいで、またソファーへ。

その時、男子の顔をチラッと見ました。

そして、清水の舞台から飛び降りるつもりで、何気なく、トラッド男子の隣の席に。

暑いですね、って汗ふきながら言ってみる?

まさかそれは無理・・・11月だし、そんな事は死んでも言えない。

背広の内ポケットを何やら探している・・・携帯?

視野の端に背広のブランドタグが・・・・Kent House、ケントハウスなんだぁ

過去のボーイフレンド思い出しました
 
トラッドスーツにこだわっていた年上の彼、
スーツでもジャケットでも、いつもKENT HOUSEブランドしか着てこなかったのです。
そんなおしゃれな彼と歩いていると、すれ違う女性の目の動きが楽しかったこと思い出しました。
あそこのなら納得。いいと思う。

なんでいい男にいい洋服がついてくるのか、不思議なものです。

そんな事を考えていたら、

ケントハウス男子、83番で呼ばれ、同時に私も13番で呼ばれる。

内容が異なるようで、離れ離れの窓口に、それでお別れ。

man自分の事は棚にあげ、辛口でここまで来ましたが、正直、ときめきました。

どこの誰なんだろう。

丸の内勤務なのかしら?また偶然見かける事も?と思いながら銀行を後にしました。

 

わかっている事は、Kent House、ケントハウスのスーツを着ていたという事だけです。

 

*いつも応援クリック、ありがとうございます!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ