Et cetera  雨の日だからこそ

一日、お疲れさまでした。
今日は日中、ひどい雨雷でしたね、
帰宅時にはほぼ上がって来ましたが、雲が重たかったです。

こんな日には、雨音を聞いていると、いろんな事を考えてます。

32才、恋人と喫茶店で大ゲンカした事、窓際の席からから見える外は大雨だった。
まるでカラオケに出てくる映像みたいと今笑う。

27才の時、彼とハイキング、傘がわりの彼が暖かかった。

24才の旅行中、奥入瀬渓谷を子ノ口から?迄?歩いていた時どしゃぶりの雨が降って来ました。
もうすぐ結婚する幼馴染と、結婚・生き方を真剣に語った。

運動会の途中で雨が降りだし、修学旅行も近かったので、濡れながら走った事・・・
昔は秋の運動会でした。今みたいに風邪ひくから、とか問題にならなかった。

母に買ってもらった傘の柄が大好きだった。
同級生にステキと、たくさん言ってもらった事、そしてその傘を失くした事。

そして、幼い時の記憶。きっと3才くらいだったと思う。
カタツムリを探してい歩いていたと思う。
3才にとっては家から遠くまで歩いていたらしく迷子になり、うずくまっていた。
気が付くと、母と手をつないで傘をさしていた。
手のぬくもりが記憶にある。

2013.06.21 001

 

 

 

 

 

雨の日は、母を思う。
遠く離れて、一人で何を思い、雨空を見上げているのだろう。
きっと我が子が、どこに暮らして居ようと、楽しく暮らしていたらと思っている。
そんな気がします。

雨が好きです。
流れて行く時に、ふと立ち止まらせてくれる。

 

 

 

 

 

 

 

*いつも応援クリック、ありがとうございます!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ