Et cetera  まずは、ハゲを治します

髪は女性の命・・・とか言うけれど、

どうやら、徐々に女性の成分が減りつつあるようです。

ハゲと言っても、円形脱毛症のような病気のハゲでなく、

男性の加齢による、禿げあがり、でもなく、

一本一本が細くなり、毛根の密度が減り、地肌が見えるようになってきたのです。

2年前くらいからです。

分け目が遠くからでもハッキリわかるし、

照明の加減では、少なくなった髪の間から、頭のラインがハッキリ見える。

この上、閉経になったら、女性ホルモンが激減するからとんでもない事になる事間違いなしです。

出産した友達はごっそり抜けて、半年して産毛みたいなのが生えてきたそうです・・・。

とりあえず、応急対策として美容室では、「頭のてっぺん、ふわふわさせて下さい。」とお願いしています。

まだ当分閉経の心配はないとして。

何か対策を練らないと、婚活・妊活のスタートにも立てないような気がしてきました。

東洋医学では、髪の毛は、「血のあまり」で、血液の栄養の残りが髪にまわるとまで言われているそうです。

要するに、血流をよくし、栄養をしっかり摂ってリッチな血液にすればいいという事ですよね。

これに関しては、栄養があり、尚且つ、低カロリーの食事を心がけるという事でOK.

減りつつある女性ホルモンは顔以外に 頭皮のコラーゲン量にも影響するので、

 これは、昨日の投稿にコメントいただいた、ここ はるなさまのアドバイスが最強の特効薬だと思うのです。

恋愛すれば、冬眠中の女性ホルモンも動き出す。啓蟄みたいだけど・・・。

今は休火山でから、大爆発するかもしれません。

 

具体的にどうやって増やすかですが、

ヘッドスパに行って、毛根の大掃除してもらうのもいいかもしれないですが、

お金をかけずに出来るのは、

夜更かしせず、偏った食事をせず、健康体で過ごすこと。

そしてマッサージ。

いつだったか忘れましたが、ためしてガッテンでやってた薄毛予防のマッサージです。

指を動かさず、垂直に圧をかける、これを半年、続けたら本当に増えていました。

あれをやってみようと思います。

ここ に載っています。

なんでもコツコツですね。やるしかないです。

 

12月2日の晩ごはん、

2014.11.27 024

・生サバ煮 (大戸屋のメニュの真似です)

・ゴーヤの炒めもの、

・ほたてバター炒めレモンかけ

 

 

 

 

*いつも応援クリック、ありがとうございます!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ