Et cetera  ナッツリターンの友

 

やっぱりね、

肌の色は同じイエローでも、中身は雲泥の差、恥ずかしくないのかな

ナッツリターン事件で一躍脚光を浴びた大韓航空、その客室乗務本部副社長のチョ・ヒョンアさん、

母体は父親の経営する韓進グループで、ビッグな親をもった?なお嬢さんのようです。

映像を見ると、きれいな感じの方でした・・・この人があんな事を言うのなのかナ?

と思ったりしていましたが、整形外科医師と結婚されたそうで、あらら、さもありなん、かな。

 

事の発端は、キャビンアテンダント(CA)が配ったマカデミアナッツで、

お皿にのせず、袋で出した事に怒り、確認させようとしたマニュアルも不明で、

CAでなくチーフパーサーを飛行機から降ろさせる為、ゲートまで引き返えさせた事件です。

プライベート機でなく、他の乗客もいたのに・・・これで11分の遅れ、

それによって、フライトダイヤその他、非常に危険な状態に置かれたそうです。

彼女は多分、仕事も出来るのだろうし、いくら親の七光りでも簡単に副社長までは昇れないと思う、

きっと、社員に責任者としての叱責を与えたかったのだろうけど、これではマズかったですね。

社名が「大韓航空」といかにも国営っぽいけど、そうでなく、

民間会社なら今回の不祥事で社名変更の話が出ているとか、

力のある立場にある人は、その言動も全て、慎重でないと痛い目にあうという事・・・、

・・・でも、まあ、今回の件は100%、彼女の失敗ですが。

 

ナッツリターン・・・うまく言ったものだけど、そう言えば私にもナッツリターン友がいる

普段は気のいい、面倒見のいい、頭の切れる男前友なのですが。

 

以前、一緒に食事をしていた時の事、

個室を予約してくれていたのに、お店に行くと手配できていなかった

怒るかな?と思ったけど、大事な話だったので、用意できるまで、黙って待っていました。

ところが、お店の人が又、やらかした。

個室を案内してもお水も持ってこない

その時はベルを鳴らして事なきをえたのですが、

ところがここで、爆発。「予約していた料理の具材が切れてしまい、替わりにこれでは・・・」

高校時代からの友で、筋の通った男前の彼女、ここ 次にどうなるかは予想どおり、

決して大声で叫んだりはしない、

ニコッと笑って、「この友人(私)と、このお店の名物のフカヒレを食べたいと思い、先月、予約を入れさせてもらいました。

料理コース内容・時間も確認もし、昨日、再度、確認もしました。分るようにご説明していただけますか?」

こわっ・・・やんわり、怖い。

この中華料理店は老舗・高級・有名店で、たいていのグルメ本には載っているので、

私が食べに行けるような店じゃないですが、彼女の仕事のお手伝いをする事になり、オゴリ。

やたー!と思っていたのもつかのまで、この状況。

結局、他のお店に取りに行き、それが写真と前々違いフカヒレリターン、

そんなこんなで頂く事になったのですが、緊張しました。

思うのですが・・・

癌である事をだれにも告げず、ひとりで病と闘い、ひとりで家族を、従業員を支えている友の

信頼、というものへの厳しい一面を見た日でした。

12月17日の晩ごはん、

2014.12.03 004

オムライスです。

厚揚げの消費期限が近いので、焼いておかかかけ、

妙な組み合わせになりました。

美味しかったです。

 

 

 

 

*いつも応援クリック、ありがとうございます!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ