Et cetera  バチが当たった家庭内離婚夫

 

明日は2015年の初出勤日です。

去年はクリスマスインフルになって同僚に迷惑をかけてしまったので、

一年の計は元旦に・・・じゃないけど万全の体勢で初出勤をしたい処です。

朝から念入りに掃除をしました。レースのカーテンも洗った。

借りたDVDは返却したし、TVの位置はもとに戻した。

スーパーに買い出し、朝のお弁当作りのストックも作った。

夕食も終わらせ早めのオフロ、の所で電話でした。

 

学生時代の5人組で一番最初に結婚して、ほぼ失敗、の家庭内離婚友からで、

久しぶり~(去年、柚子を大量に送ってもらって以来だからそうでもなかった)なんて言いながら、

新年のあいさつをしていると、超早口で

「大変だったのよ、入院、入院よ、どう思う!?」と。

これだけでも大変そうな臨場感は伝わってくる。

「いつ、だれが、どこでなの?何があったの?」 5W1Hがひとつもないから皆目わからず。

聞くと、家庭内離婚夫さんが元旦に倒れたらしいのです。

それも病名が「痔 」で倒れたらしい。

痔で倒れるものなんだ・・・。恐ろしや・・。

 

家庭内離婚友と夫さんは、ほぼ会話はなく接点もないものの、同じ屋根の下に住んでいるし、

彼女が経理担当だから、売上を見てるだけで儲かっているのはわかるらしく、

夫さん、いい気になっていたようです。

12月に入ると連日連夜、忘年会だったらしく毎日代行運転の車が玄関先に停まる。

週に2回はゴルフ、それに自営の仕事。

暴飲暴食に不摂生がたたり、とうとう元旦の早朝、彼女の携帯に、

「動けないので救急車を呼んでほしい」と、夫さんからのSOS

痛みで動けず、這っていたそうです。

同じ家に住んでいても、半別居状態になると携帯で呼ぶんだ・・・とビックリしていたら、

「家が大きいし敷地も広いので呼んでも聞こえないし、喋るとケンカになるので、普段はメール」

と聞き、また驚いた。

何の為に一緒に住んでるのかなぁ・・・まっ独身にはわからん世界ですが。

結局、119はせず、救急病院で応急の痛みどめをもらい、

今日、知人の紹介で、その病気では有名な病院に縁故入院してきたそうです。

痔、には何種類かあり、で始まる「痔講座」を友人から受けたのですが、

夫さんのは、「痔ろう」に「内痔なんとか(忘れました)」が重なり重症で、手術が必要で、

ただ、命に別状はないので、退院までは行かなくていいらしいです。

 

あれだけ不仲でも、病気になったら、やっぱり妻に助けを乞う関係。

夫婦ってそんなものなのかな、

友人は下宿人がいても病気になったら助けるから、それと同じ、と言うけれど・・・。

怖いのは「痔」です。

夫さんは不摂生とはいえ、いきなりそうなった事を考えるとすごく不安です。

私の場合は119番するしかないし、

「痔」で運ばれた、という人生で不名誉な病名で悲しい汚点がつく。

「痔」をそんな風に言うのはただの無知と叱られそうだけど、会社では有名になるだろうなぁ・・・。

そんな事を考えてたら、こんな時間になってしまいました。

明日は会社だ。

寝ます。

1月4日の晩ごはん。

2014.11.23 011 - コピー

天ぷらにしました。

アスパラの天ぷら、意外と美味しいです。

明日のお弁当にも入れようと思います。

 

*いつも応援クリック、ありがとうございます!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ