Et cetera  単身パック使いました

引っ越しのお手伝いに行ってきました。

同郷の親しい友人の引っ越しでした。

今のマンションは何度か遊びに行きましたが、16㎡でかなり狭く、学生ならまだしも、
社会人としてはかなり辛かったようで、同条件で広さが25㎡が見つかりました。
一軒家に住んで居る人から見ると同じ様に見えますが、この差が大きいのです。

クローゼットのちょっとした奥行やトイレが別室になるだけで嬉しいのです。

ワンルームですが、かなり広くなり、小さいですが出窓に感激しました。
捨て家賃はもったいないので、バタバタと決まった引っ越しでした。

引っ越しシーズンではなくても2週間しかなかったのに、ヤマト運輸の「単身パック」をネット申込み、すぐ決まったようです。

私は使った事がないのですが、会計の時、えええっ!の驚きの二万ちょっとでした。

というのは、友達は昨日、先に彼女の友人の車(フィッツ)で、洋服半分・靴・バッグ・食器・・・を後部座席とトランクに詰めるだけ詰めて、第一弾、運んだそうです。

TV・食器棚・ベッドはないのですが、三段ボックスはいくつもあったのですが、コンテナ一つになるようにうまく収めてくださいました。

これってパズルみたいです。

こんな感じです。ヤマトさんより拝借しました。写真を撮る状況じゃなかったので、

image-01[1]

 

 

 

 

 

 

 

 

大きなトラックの中にはこのコンテナがいくつか入っていました。

この近辺の他の方の荷物だと思いますが、一つずつコンテナに鍵をかけての運送で安心しました。

今日は蒸し暑かったので、みんな汗ダラダラでしたが、この最後の収まりを見て、気持ちいい達成感!
ヤマトの方の対応も親切ですごく感じがよかったし、正解でした。

前日の搬出をしなかったら、多分、倍の金額ですが、それでも安いと思います。

しかし・・・女性は洋服が多いです

荷物の大半が洋服、下着やタイツだけでもかなりの量だし、これで昨日本当に半分運んだの?と聞いてしまいました。

今回の引っ越しで「断捨離」を実行したと言ってましたが、確かに引っ越しはいい機会なのです。

二人で掃除を終え、ガランとした部屋に座って、ベランダに向かい、青い空を無言で見てました。
高齢女子にとっては、疲れすぎて、ノーコメントでした。

 

*いつも応援クリック、ありがとうございます!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ