Et cetera  生きる世界が違うと思った

 

昨日の続きです。

同僚の相談事は、家を出て一人暮らしをしたい、と言う所から始まったのですが、

私は相談に乗れる程、人生経験はないし、

人様に、そうじゃない、コレがいい、アレはだめ、とか言える立場じゃないので、

聞くだけは、とことん聞きました。

 

もともと一回りの年下なので、仕事以外では、お茶室で話すか、ランチ位でした。

なので、本人の家庭状況の予備知識はなしです。

 

聞いていると、早い話がお嬢さまで、そういえば、

私のような、いつも一緒、みたいな定番じゃなく、高そうなブランドバッグや靴も洋服もセンスいい。

こんなお嬢様なのに、なんでこの会社に?と疑問が。

転職した時、初めて自分で探した会社だったそうで、それまでは全て縁故。

日銀以外は大抵どこでも行けたそうです。・・・・スゴ過ぎです。どんな親なんだろう・・・。

今だって、生活の為に働いているのでなく、全ておこずかいだとか。

羨ましがってはいけない。人それぞれ、お金だけが全てではない、(と少しは思う。)

そのくせ、安いランチを探すのは上手だし、ザックリ、サッパリの面白い子なのです。

某大学のサークルの卒業旅行がヨーロッパだったらしく、

教授はエコノミーで乗られますが、どうしますか?」と聞かれたらしい。

ビジネスしか乗った事がなく、こんなに座席があるとは知らなかった、らしい。

目が点になって、まじまじ顔をみてしまいました。そんな人が居るんだ・・・・。

まだある、バイオリンの先生に習うのに、新幹線で通ってたそうです。

本人に罪はない、変ないい方だけど、そういう環境に居たのだから仕方ないと思います。

そんなお嬢様なら、「どこどこの御曹司とか、いっぱい縁談が来るでしょ」と聞くと、

親は初め躍起になってたけど、ここ数年は諦めてくれて放置。

ところが来年3回目の年女で、突然ラストスパートをかけてきて、もめたそうです。

 

よく聞いてよかった、

妙な事を言ったら、大変な事になるところでした。

曽祖父、ひいおじいさんが大正天皇のなんとかいう先生だったとかで、

その昔の先祖が・・・・頭の中がグルグル、時代が時代なら、お姫様かもしれない。

本人は、ザックリ、サッパリ、なので、平気で言う話が面白すぎる。

世界が違うけど、会社では一切言わないので、わからなかったです。

森泉さんが小銭は持たないです、と言ってたのをTVで見て驚いたけど、

同僚の場合はそんな事はないので、こうして付き合えるのだと思います。

そんな訳で、ちょっと時間を置いて考えてみた方がいい。と言い聞かせました。

もういい年なんだから、周りでどうこう言っても、その時は自分で決めると思うので。

 

1月13日の晩ごはん

2014.12.16 020

・手羽元の酢醤油煮

昨日の夜に作っておいたので、楽チンです。

レタスで鶴の巣ごもり風に、

この倍の量を食べました。

体重は怖くって計っていません。でもまだ脱落はしていません。

 

*いつも応援クリック、ありがとうございます!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ