Et cetera  一緒に食事して、イヤなら次のがあるって、いくらなんでも

自分が独身なのに、男性の同じ年代の男性の独身者は、ちょっとどうかと思う。

それでは理屈が通らないのはわかっているのですが。

 

学生時代の仲良し5人組の一人で、

人の世話をするのが大好きで、頼まれもしないのにアチコチ走りまわってる、お節介友。

同級生の竹〇君との見合いを、大安の3月1日に強行執行するつもりなので、ハッキリ言いました。

「竹〇君はいい子だけど、結婚に至る事はないと思う」と。

ところが、先手を打たれて、もう竹〇君に打診していたらしく、

「今、つきあってる人がいないのなら、一生独身ってわけにはいかないし、年々条件が悪くなる、

今だったら、初婚の女性と結婚も可能」と言ったらしい。

それって、私?

竹〇君もバカだから、お節介友のペースに呑みこまれたに違いないと思う、

「特に決まった人はいないけど、姉におまえは結婚にむいてないって言われてるから自信ない」

この話は前に聞いていて知っていた。彼のお姉さんは横浜在住で、

母校のフェリスの卒業生を徹底的に彼に紹介したのに、全て断った実績があり、匙を投げたのだと思う。

 

そこで、諦めないのがお節介友たる所以で、

一回だけでいいから、私の顔を立てて・・・とか言ったに違いない。

結局、神戸で食事をしようという事になってしまいました。

その気もないのに、相手に悪いからそれはできん、と言ったのに、

「大丈夫、大丈夫、実家に法事で帰って来た、って事にしとくから、ご飯食べたら帰ればいいから」

って、なんで片道16000円も使って私が帰らないといけないわけ?

95%、多分断るよ、」と言うと、もっと恐ろしい返事が返ってきた。

「竹〇君がダメだったら、次の人がいるから、もう先方から写真も預かってるしね」

・・・・・・・・・・・・・・。不謹慎すぎる。

何とかに付ける薬はないと言うけど、まさにそうだ。

何がなんでも、私を結婚させたいらしい。親でも諦めてるのに・・。

どうしたものか、頭が痛いです。

2月22日の晩ごはん

2015.02.08 010

カレーです。

今夜もカレーです。

 

*いつも応援クリック、ありがとうございます!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ