Et cetera  一度、結婚生活というのを体験してみたかったなら、それも価値はあったかもしれないけど、

 

同棲はしたものの・・・・

数か月で破談。

それが、40代で結婚する事になっていた筈の、

元同僚の一連の結果。

 

まあね、それも納得せざるを得ないのだけど。

先日の新居祝い打ち上げで、

使い込み女子の件は、恐れ入ったけど、

さほど親しくもないし、

そんな事で会社がコケないから、心配もしないけど、

もう一つの報告、

 

折角、IT企業自営の男性と同棲までしたのに、

結局は、結婚に至らず、別れたとのこと。

傷心だろうから、他のメンバーは話題にのせなかったのだけど、

そんな事、私は出向先で知る由もないし、

「どう?同棲生活、もうすぐ結婚するの?」

まで聞いてしまったので、

マズカッタです。

 

ところが、本人は平気な顔して、

「やっぱり、結婚は無理、」

「家事が嫌いだし、出来ない、する気なし」

「食事や洗濯は女の仕事だ、とまで明言する男なんて、今時、いる??」

「全く、家の中の事は手伝わない」

「二言目には、九州男児だからって・・・・バカだよね」

 

ここまで聞いただけで、この結婚、流れてよかったと思いました。

その上、彼女は、

「お手伝いさんを1人、雇ってくれないとなぁ、」と真顔で言うので、

全員、目が点。

ワロタです。

爆笑でした。

破談になって気の毒とか、気を遣うレベルじゃないので、

結局、は癌の一件、酒の肴でした。

 

40代まで、独身を通すと、

悪いけど、結婚はむずかしいと思う。

実家の近所の娘さんも、

40代半ばで結婚、半年後には独りになっていました。

 

一度、結婚生活というのを体験してみたかったなら、それも価値はあったかもしれないけど。

悪いけど、クワバラ、クワバラ、と思いました。

どっちに非があたとか言うより、

生まれてお互いが40数年経過、

そこで同居生活を始めるって、よっぽど割り切らないと、

もしくは恋愛感情が持続しないとムリでしょ。

今回は、同僚の家庭内能力を知っているだけに、

無理は禁物、と痛感しました。

私はおひとりさまを選択済なので、

この選択で、間違いなかったな、と裏付けしてくれたような感じです。

女40代、、三十にして立ち、四十にして惑わず、 五十にして天命はちょっと早いけど、

惑わず、惑わず、かな。

 


まだダンボール何箱かあり、

もうちょっとなんだけど、

疲れました。

*いつも応援クリック、ありがとうございます!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ