Et cetera  それは「ヒガミ」なんじゃない?と言われた・・・恋は盲目?他人の色恋、どうでもいいけど・・

 

今日は、朝から、

珍しいものを見ました。

もの、と言うか、者と言うか・・・・

 

出勤の途中、

最寄の駅に着いたら、エスカレーターに乗った。

2段上には、カップル。

男性は下の段の女性を見ながら話しているので、

当然、その2段下の私からは、よく見える。

合計、4段上に居るのに、

背の低い男で、近眼でも、よく見える距離だった。

 

女性は手ぶら、

男性は女性に向かって、何やら、分かったような・・・

経験談か、世の中の摂理っぽいことを話している。

そうこうするうちに、

エスカレーターは階上に到着し、

目の前は、改札。

そこで、女性は「じゃあね~」と手を振る。

 

ハハン、朝の出勤のお見送りなんだ・・・@@

それにしても、改札までとはね・・(゜o゜)

かなり、ビックリした。

貴重な存在だと思う。

その話を昼メシ時に、オジサンに言うと、

それは「ヒガミ」なんじゃない?

「いいじゃない、新婚さんなんでしょ」

「ずっと一緒にいたいのでしょう」

と言われた。

 

そうかもしれないけど、

男性がそれなりなら、許す。(笑)

ところが、なんとも野暮ったい、うだつの上がらない、モッサリした、ジジムサイ、

その上、かなりバカっぽい。

シワシワのスーツで、なんともだらしない、

髪形は論外で、坊ちゃん刈りだ。

「そういう人でも、蓼食う虫も・・・・なのかなぁ~」

と言うと、オジサンは、

「人生の華なんだから・・」

「それでいいんだよ。見間違い、盲目、勘違い」

「そういうのでもないと、人って恋せないんじゃない?」

「アナタだって、好きになれば、なんであんな男に・・・って、」

「僕も思うかもしれないよ」

「そんなもんなんだよ、違うかな?」

 

そうなんだろうか。

私なら、デブの中年でブサイクですが・・・

熨斗つけて、丁重にお断りするけど・・・

きっと、この私も熨斗付きで返品されるのだろう。

まあ、人様の色恋、

どうでもいいけど・・・。

まあね、中年女のヒガミなんだろうな。

よくないことです。

暖かなまなざしで見ようじゃないの・・・・すみません。

でも、あんなのとね・・・本当に、ビックリした。

恋は盲目なんだなぁ・・・。(・_・;)

 

 

 

*いつも応援クリック、ありがとうございます!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ