Et cetera  体験型婚活バスツアー、成果あり、結果がでるってスゴイじゃないか・・。

 

昨日の例会で、

10日の祝賀パレードに行ってみようと、

話は出たのですが、

だれ一人として、

望遠の効くようなカメラを持っておらず、

チラッとでも見れたら、

それでいいんじゃないの?

と言いながら、予想される人出に、恐れをなして却下になりました。

生きている間に、

もう一回、令和が終わるのを体験出来そうなので、

次回、になりました。

でも、次回って、私たち何才よ、( 一一)

もしかしたら、定年し、悠遊自適で、

ヒマを持て余しているかもしれない。

次回でもいいかもしれないです。

それより、

貯金アリ高と共に、話題になったのは、

「シニア婚活バス旅行」

同僚の従姉の話でした。

もういい年で、

バツもつかない、シングルで、

その上、地味で引っ込み思案で、内向的な性格だそうで、

親戚中でも、

一生、独身だろうと、暗黙の了解、みたいだったのに、

1年ちょっとの交際で結婚したとかで、

鼻息荒く、教えてくれました。

49才ですよ・・・・

思い切ったよね。

そのお相手は、介護施設の経営をされているらしく、

要するに、社長でしょ?

会社員を早期退職し、

親の遺産と共に、

デイサービスを立ち上げて、

年齢は、55才。

49才と55才なら、同世代だし、

違和感ないと思う。

ただ、どこで知り合ったか、

それが一番、気になるところ。

そんな地味で会社と実家の往復で、知り合えるものなのかと・・・

それが、「シニア婚活バス旅行」だったそうです。

体験型で、紙漉きをしたり、

畑で収穫をしたり、

そういうデイツアーがあるそうです。

・・・・・・・・・・・・

皆、唸りました。

そういうのは、業者のお金儲けのいいカモだと思っていたので。

なんでも、素直な心というのが強いのかもしれないです。

初めてのツアー参加で、お相手に恵まれたなんてね・・。

私たちには無理でしょ。

どうせ、冷やかし半分なんだろうし。

謙虚な気持ちが成功に導かれる!

という結論になったのですが。

それでも、そんなバカな・・・という気持ちが払拭できないでいます。

 

 

 

 

 

*いつも応援クリック、ありがとうございます!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ