Et cetera  お尻、ですか?

以前、実家にいた頃の話ですが、

痴漢やストーカーに追いかけられた事がありました。

 

こんな私でも、若いというだけでターゲットにされたようで、痴漢や変質者まがいには閉口しました。

電車内には痴漢、ゴロゴロいますよね、できるだけ怖い顔して安全そうなポイントを探し乗車していましたが、

相手はなんとしても触ろうとするので、おもいきりヒールで踏んだり蹴ったり、

それで効かない時は、大声で助けを呼んだり。女性はみんな経験することですが、

こんな年齢になっても(前から見たら、きっと手をださないだろうに)後姿だと年齢がわからないのかな、と思う。

ご苦労さまです、と言いたいです。

今だったら、「ちょっと、何してんのよ!」位言えるかもしれないです。

なので、女性専用車は本当にありがたいと思っています。気を遣わずに乗れます。

 

ストーカーは、どこからつけてきたのかは不明ですが、自宅近くまでつけてきたり、

電話してきたり。2度ありました。

昔は父の名前で電話帳に掲載していたから、家の表札と住所で調べたようです。

そんなにスキのある恰好や、お化粧もしていないのに、

頭が変な人なんだと思います。

気持ちが悪く、警察にパトロールをお願いしました。

電話の内容は、バカバカしい内容で、

私が男性と付き合っているのを見たけど、自分と付き合う方がよい、とか言うのです。

なんとかに付ける薬はないというけど・・・。

だれなんだろう、と当分は気持ち悪かったです。

きれいな人ならまだしも、なんで私が、という疑問が残りました。

 

もう一人はずっとつけてるのに気が付き(いつも自宅近くのバス停で帰りに会うので変だと)

早歩きすると、向こうも早歩き、小走りするとまだついてくる、

ダッシュで走ると、向こうもダッシュで追いかけて来る、こんな恐ろしい事はないです。

近所の家に飛び込み、110番。

父にワンコ連れで迎えにきてもらい、

それから、数か月はバスをやめてタクシーで、高くつきました。

母は後日、菓子折りもってお礼に行くし、ホント、迷惑もいいとこでした。

 

そうそう、思い出しました。

一番笑える痴漢の話。

地下街を通って、通勤していた時、後ろから男性・・・まだ三十代位・・・が引っ付いてきて、

ささやくでもなく、ある程度の声量で、

「あの、お尻、触らせてください」

「エエッ!!」

恥ずかしいやら、驚いたのと、可笑しいのが同時で固まりました。

出社して一番におひろめ、

女子も男子も会社の上司まで、大笑い。

結果、お尻は魅力的なんだからよかった、という事でまとまりました。

お尻ねぇ・・・まっ、いいか、ってとこでした。

 

今日は本当は別の痴漢の逃走の一件を書きたかったのに、すぐ話が横にそれてしまいます。

明日にします。

2014.08.27 009

 

 

先日、おまけでもらった梨です。

毎日ありがたくいただいています。美味しいです。

それでは、おやすみなさい。

*いつも応援クリック、ありがとうございます!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ

Et cetera  ハイハイ、婚礼家具の引き上げね、

絶対、過去は振り返らない、事にしています。

いつ頃からかな、そうなりました。それが、癖になりました。

思い出すと、後悔の山で、ウワァーー!と言いながら地球何周も駆け抜けそう・・・大げさな(笑)

 

昨日のドタキャンの件、ここ、読んでくれた友人から、早速、補足の電話がありました。

そうだった、忘れてた、得な性格だと思います。イヤな事はすぐ忘れる。

母がよく言うのですが、

「〇ちゃんのお友達はみんな幸せな結婚をしてるし、専業主婦で余裕のある生活なのに、

自分はそんなんで(M君と結婚してほしかった所からドタキャンも含めて)おつきあいするのに引け目とか感じないの?えらいわねぇ」

・・・・母が我が子にイヤミを言う必要もないので、そのとおりに感じたのだと思うのですが、

確かに、得な性格だと思います。いえ、もちろん、学習はしていますが。

それで、友人の言うには、「あの時、家具一式と家電は、花嫁側が用意したから、

処分の時、全部、古道具屋に頼んだじゃない、それでいて、結納金全額返してたよ」

そうでした。思い出してくれなくっていいのに、本人は忘れてるのに、ホント友達ってありがたい?です。

 

結婚式は挙げる前でしたが、夫となる予定の彼が先に住んでいたので、

家具の一部と電化製品は、わずかな期間でしたが、使用済でした。

こういう事も初めてだったので、古道具屋さんを探して、来てもらい、

全部まとめて引き取ってもらいました。

さすがに、私はその場には立ち会わず、父がしてくれましたが。

その金額たるや、驚き桃の木・・・です。

整理ダンス、洋服ダンス、3枚扉の食器棚、本棚、後なんだったか忘れたけど、家具で確か、8万ほど。

古道具屋さんも慣れたもので、電話の向こうでは、

「ハイハイ、婚礼家具の引き上げね、」

「まあ、これだけは、ご縁ですから、」

とか言っちゃって。

昔の事だから、ネットオークション、なんてなかったし、早く処分したかったのだと思います。

そんな、いわくつきの物を、人さまにあげられないし、一人暮らしの友人もいなかったので。

済んだ話ですが、こういう事を踏まえて、

次回は、お金をかけないようなスタートにしようと思いました。

もちろん、無駄にならない結婚をすれば、それが一番です。

 

いよいよ、恋愛歴、本題編に入るのですが、

最近、ごはんをアップしてなかったので、

今日の晩ごはん、

チキンカツ・高野豆腐・茶わん蒸し(茶碗蒸しは半年ぶりで失敗しました)

2014.08.29 009

 

 

 

 

 

 

今日のメニューは私の好物揃いです。

一人、だもの、自分の好きな物を作って食べます。

いつか、誰かに作ってあげたいけど、今の所、女友達、白無垢会が多いです。

*いつも応援クリック、ありがとうございます!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ

Et cetera  最近のヒット、かないくん

ちょっと過去の情けない話ばかり続いて、

モヤモヤしてきたので、最近読んだいいお話です。

 

「かないくん」

この本を作るに際して、初めに手を挙げたのは、糸井重里さんで、

詩人の谷川俊太郎さんが、一夜で綴り、

マンガ界の革命児の松本大洋さんが、2年かけて描き、

日本を代表する装丁家の祖父江慎さんが、本のデザインをした、絵本です。

 

絵本と言いながらも、「死」について考えさせられる本でした。

肩を張って、悲壮な顔をして、死について考え込むのでなく、

そうかぁ~、そんな受け止め方もあったよね、と言う感想でした。

 

41Tjlo+Vy2L._SX230_[1]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この絵本、カバーと中の本のデザインも違っていて、面白いです。

「ぼぼにち」の絵本で、発行は東京糸井重里事務所、1728円です。

 

*いつも応援クリック、ありがとうございます!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ

Et cetera  恋愛歴 それはイカンだろう編

その後の私の恋愛歴、昨日の続きです。

社会人になった時は特定の人はいませんでした。

勤めて一年目、少し慣れてきた頃、高校時代からの親友、Y子から、

「いい人が居るんだぁ~、〇子の事を話したら、向こうが会いたがってるから、1回だけでいいから会って」

Y子とは別々の大学に進学し、彼女、音大に行ったのに、縁故で建築会社に就職していました。

後で知ることになる、当時、残業200時間なんて常識!という悪魔のようなT工務店設計。

そこの新卒の男の子F君と彼女の彼と4人で会う事に。

これが、そもそもの間違いの発端だったと思う。言ってもしかたないけど。自己責任です。

F君・Y子の会社は工事現場の看板では目にしてたけど、未知の世界でした。

大きなビルを建てる時は、そのプロジェクトを組む会社同士でその現場だけの会社を作るとかで、

向こうも一年目で、長い研修を終えて、初仕事。たくさん話をしてくれました。

しかし、毎日深夜まで残業、現場は近かったのでよかったけど、

そもそもそんな過酷な会社に勤めて、彼女を作ろうとすること自体無理があったと思うけど、

・・・結局、基本いい人なので、付き合う事になったわけです。

1年くらい遠方のビルを建てるのに、行ったまま・・・ちょくちょく帰ってはきましたが、

それが続と、社内で設計したりと相変わらず猛のつく仕事ぶりでした。

そんな繰り返しが何年も続きました。

寂しかった、といわけでなく居ない時も、お稽古事や会社の友人がいて結構忙しかったです。
ところが、そこに初恋の彼、M君の登場。

M君は小学生の時の初恋の彼で、一浪の院生で学生でしたが、

犬の散歩でばったり会ったり、なんとなくいつも近くにいました。

そのM君が、研究室数人で黒姫いくから行こうー、ラケット持ってきて~

斑尾行くからスキーウェア用意しといて~

むこうは呑気な学生だから、時間はあるし、

なんといっても、母のお気に入りで、門限も、なんでもフリーパス。

小学校の時から生徒会長、勉強もできて、母親を高校の時ガンでなくなり父子家庭の三男。

母としては、バカな長女にもってこいの婿養子。

でも、そんなにうまくいかないのが人生です。

F君が連日連夜残業ばっかりしてるので、幼馴染だし、とか言ってよく遊んでいましたが、

この時点でも、変わらず、友達でした。

そうこうしてるうちに、M君の就職が決まり就職、なんとかいう横文字だったから外資だと思うけど、

父子家庭でさみしかったのか、早く結婚したかったみたいです。

そこで、困った事になった。二股でなく恋人はF君でしたが、

M君が結婚も考えてる、とか言いだした。

こっちは20年近い付き合いで、決まれば、母推奨で早い。

頭デッカチでなくガチで陸上もやってたから、丈夫で長持ちかも。

結局、迷って、F君と結婚する事にしました。迷った結果の選択ミス。向こうもだけど^^

長男長女、親も現役、派手な結婚式になる予定でした。

御結納も終え、ホテルも決まり、お仲人もお願いし、衣装合わせも済、招待状発送も済、

そこで、出た、マリッジブルー

昔はこんな呼び名はなかったけど、

その頃は、結婚式の決め事とか、新居の事とか、相談する事が多かった。

しかし、仕事ばっかりのF君、

今思えば、それでいいじゃない、なんだけど、その時は無理でした。

小さいもめ事も大きくなっていき、お互いの性格もよく見えてきた。そんな連続。

そこで、もう一度、もう二度、よく考えてみて、そして、・・・・「結婚、やめよう」

当然、大変な事になりました。 続く

a1370_000163

*いつも応援クリック、ありがとうございます!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ

Et cetera  恋愛歴

3回も結婚する人も居れば、

一回もウエディングドレスを着れない人間も居るという事実。

この差って、人として、女性としての魅力の差だと思う。

もちろん、つまらん男性と結婚するくらいなら、独身の方がいいわ、という方も居るとは思うけど、

明らかに、私は結婚に至らぬ恋愛をいくつか経て、行き損ねて残っている口です。

 

折角、結婚しても、離婚したり、家庭内離婚の友人もいますが、

イヤな事や辛い事、ボヤキがらみで、私と交流のあるのは上記の友人達だけど、

頻繁に便りのない友人達は、概ね、幸せに暮らしているようで、原則、幸せ=結婚が成立している人達です。

 

その結婚を殆どの友人が20代後半から、30代で決めて実行。

社内恋愛もあったし、見合いで決めたのもいるし、昨日のKちゃんみたいに ここ 同級生も意外と多い。

一番最後に結婚したのは、42才でゴールイン、

一人娘だった彼女が、仏料理のオーナーシェフと結婚し、今も二人で仲良くやっている。

ステキな店なので、紹介したいけど、やめときます。

それ以後は、めでたい一報はパタリとなくなりました。

このあたりで、女性は独身で生きる覚悟を決めるのかもしれないです。

同期が女性でも、課長や次長とかの役席になってきた頃です。

 

私は覚悟なんてしてないし、

もし縁があれば結婚もあり、だと思っていますが、縁がありません。

 

なんで、今も独身の身で毎日、通勤電車に乗って働いているのか、の理由。

それほど華々しい恋愛の歴史ではないけど、いくつかありました。

ブログって、どこの何々子、とはFBと違ってわからないので、本当の事を言えますね、素直になれる^^

それに、ブログを書いてるのを知る友人は数人だし、

彼女達は私以上に私の恋愛劇の始終を覚えていたりするので問題なしです。

 

おくて、晩熟だったので、社会人になるまでは、恥ずかしながら、2人だけでした。

 
①高校生の頃はクソがつく真面目な生徒でしたが、

数人のグループで、文学や美術の話、JAZZ、ROCKの話を喫茶店で毎日やってました。純粋な青い頃です。

でも男の子は煙草吸ってました。太宰や安吾の話もよく出てきました。

 
その中の一人とは大学生になっても続いていたけど、彼が3浪したあたりで、徐々に距離が出来、

私は受験失敗したけど、付属の大学へあがり、お互いすごく気が合って、好きだったのに、なんとなく、

初キスの思い出で終わりました。昔はこんなでした。

それからも、何度か連絡はあったけど、私は社会人だったし、

学生の彼を認めてあげる優しさがなかったのかもしれないです。

気にはなっていたし、いい思い出ばかりで、名前もがっこうも覚えていたので、

つい最近、知ったのですが、某大学の先生をしていました。

写真を見ましたが、やっぱり好きだったな、と今頃、思い出しています。

まあ、これは、若かったし、もともと結婚には至らないケースかも。

 

 

 
②古い喫茶店で、レポート書いたりしてた大学生の頃、そこで知り合った大学院生。

7才年上で、たくさんの事を教えてもらった人でした。

文学・歴史・食べ物・スペイン料理・ロシア料理・建物・古本屋・学生運動・・・なのに、年上の重さを感じて、

大好きで大事にしてくれてたのに、結婚の字がでてきて、

こどもだったのだと思う、大好きだったのに、逃げだしました。

手をつないだ思い出、フレンチキスの思い出で終りました。昔はこんなでした^^

数年後、バッタリ会い、あの日、夜までずっと待っていたよ、と言われ泣きそうになりました。

昔のままのやさしい眼差しでした。

その時は恋人がいたので、二股は出来ないタチで、断りました。

今思えば、もっとうまくやればよかったのに。

中国文学の研究していたので、やっぱり彼も大学の先生でした。講義を聞きたいな、と最近思います。

偶然ですが、二人とも先生でした、面白い事があるものです。

私の好みなのかもしれません。

神田川、の歌のような恋愛はありませんでした。

37才まで実家に居たし、地方都市で、東京と違って皆、自宅通いばかりでした。

 

 

それで、いよいよ、社会人になります。

ここからが、私のムチャクチャの判断ミスの連続が始まります。

面白いくらい、ハズシます。

あの頃の私の基準、って何だったんだろう、

何年か昔に戻れる、としたら、ここに戻れば、きっと今頃は、とタラレバは止めときます。 続く。

2013.08.26 001

 

 

先日のセレブBBQのスケッチ、描いて見ました。

美味しい思い出です。

今日は調子にのって、ずっと描いてます。

 

*いつも応援クリック、ありがとうございます!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ

Et cetera  3回結婚する

小、中、からの友達、

私の親の転勤などで、所在がわからなくなってしまった人もいるけど、

連絡が取れる友人は数人います。

中学生の時、交換日記もしていたKちゃん。

利発で、勉強もできて、運動もできて、可愛くて、折り目正しい女の子でした。

そんなですから、厳しかった私の親も、彼女となら何でも、どこでもOKでした。

彼女は大学卒業後、就職して、1年くらいで結婚しました。

私はあんまり早い結婚で、招待状を見て、かなり驚き電話したのを覚えています。

ご主人は警察官でした。

当時、彼女とは疎遠になっていたので、結婚式で久しぶりの再会で、ご主人とは初対面でした。

それから数年。

私は変わらず、同じ会社に勤務し、変わらず独身道を歩んでいました。

その頃です、彼女に連絡しても、連絡がつかず、実家も引っ越されたようで、同級生に聞いても不明。

何かあったのでは、と心配しながらも年に何度かは電話していました。

それからまた、数年が経過。

Kちゃんから、結婚し、こどもが生まれたよ、との連絡。

???エエッ、結婚してたよね、私、結婚式に出たもの・・子どもが出来た話はきいてなかったけど・・・。

キツネにつままれたような気持ちで、取るものも取りあえず、彼女の新居へ。

確かに、本当に、かわいい女の子の赤ちゃんがいました。

そこで、エヘヘ、と笑いながら、彼女のしてくれた話は、

警察官とは、3年ほどで離婚したそうです。

お金使いが荒く、中身も子どもで、うまくいかず、子どももまだ居なかったので、もめずに別れたそうです。
 

そしたら、その後に、ここに引っ越してきたの?と聞くと、

違う、違う、〇ちゃん、実はその後、年の離れた人と結婚した。

そのオッサンが(今はオッサンと呼んでいます)異常にひつこくて、

どこに行くにも、連絡、また、連絡、監視されているような生活で、

苦しくなって、もめて、なかなか別れてくれなかったけど、やっと決着がついたんだ。

そしたら、今のご主人は?

〇ちゃん、知ってるよ、中学の同級生のN君よ、

たまたま出会って、そこから、トントン拍子で結婚した。

それで、子どもが出来たのよ。

なんだー!水臭いなぁ~、言ってくれたらいいのに、と怒ると、

ひつこいオッサンから逃げようと、隠れていた時もあって、連絡遅くなったとか。

そしたら、そのオッサンの時のお祝いは抜きで、最終回の今回の出産祝い、させてね。

ああ、もう、なんだか、ややこしい。私はまだ一回も結婚してないというのに・・・。

 

 

それで、彼女は3回、結婚をしたわけなのですが・・・

・・・私が言うのもなんですか、爽やかな魅力たっぷり女子です、やっぱりそう言う人が求婚されるのかも・・・

当時、実家住で母に言うと、卒倒しかけてました。

なにしろ、優等生でしたから、

その後、もう一人子どもが生まれ、幸せに暮らしていました。

ここで、ハッピーエンドになる筈だったのですが、

ご主人が、急病の不治の病に侵され、発病後、半年弱で亡くなられました。

某アナウンサーと同じ病名です。

入院中、色々彼女と話していましたが、母は強し、でした。

守る人が居ると、こんなに強くなるものだと知りました。
 

今も元気に働きながら、子育てしています。

生きる力、これが人間、一番大切なんだと思います。

そしたら、私はどうよ、となると、これが頭痛するくらい難しい。

もちろん、結婚しかけた事も過去、あったのですが、

私の恋愛事情は今度にします。

この言葉、好きじゃないけど、俗にいうと、負け組話になるのかな。デス

2013.09.01 013

 

 

今日は時間があるので、

絵や字を描いて、過ごしています。楽しいです♪♪

*いつも応援クリック、ありがとうございます!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ

Et cetera  幻の梨があるそうです

千葉の市川に両親と住んでいる友人が、

今、梨がシーズンだから、送る所があるなら、遊びに来ない?と誘われて、

昨日も出かけたのに、ホイホイ出かけてきました。

声をかけてもらうと、大抵はイエスマン、ただし、財布の許す範囲ですが。

 
 
夏の果物で好きなのは、スイカと梨。

ただ、スイカは好きだけど、買って帰れるのはカットスイカ、それでも皮の緑が重いです。

その点、梨は日持ちするし、個数を選べるので、よく買います。

 
友人の家は市川と松戸市の境界線あたりで、駅まで迎えに来てくれました。

子どもの頃、日本の白地図の、鳥取県に、梨の絵を描いたのを覚えています。

二十世紀梨は鳥取県が原産、と覚えていたのですが、

本当は元の原木は千葉県松戸市、松戸と市川、鎌ヶ谷は梨の特産地でだそうです。

彼女のお父さんに運転してもらって、市川の梨街道と呼ばれる所に行きました。

道路の両側に、梨屋さんがずーーと、並んでいます。

いつもお世話になっている方に送りたかったので、友人宅ごひいきのお店に行きました。

梨園がすぐ横にあって、ちょうど、収穫の最中でした。

この梨屋さんのお店にこんな図がかけてあり、

名前がいつも覚えられずにいたので、写真に撮ってきました。

DSC_0766

 

 

 

 

 

 

 

幸水・豊水・新高の名前は知っていたけど、こんなに種類があるとは、

友人の話では、ほんの2週間の間しか採れない「かおり」と言うのが、すごく美味しいらしいのです。

食感も他の梨とは全然違うらしい。

幻の梨、って言う位だから・・・そんな事きいたら、余計に食べたくなったけど、今はその時期じゃないとの事。

残念ですが、幸水を送ってきました。

それが、驚いた事に、

買ったのはL 玉で4000円のを送ったのですが、それだけなのに、

これはお土産、規定外のですがどうぞと、6個もただ、無料で頂いてきました。

食べたら、甘くて、美味し!スーパーのとは違うわぁ~♪

こんなにもらって大丈夫なのかと、反対に心配になるくらい。

ここのお店は、常連さんばかりが買いに来られているようで、殆どが予約のようです。

ここの店主だと思うのですが、きれいな女性の方で、

普通では聞けないような、梨の色々な話をしてくださったり、たくさん覚えてきました、すごく親切な方でした。

友人の話では、送る時に、以前S急便を使ったら、破損が多くて遅れる事が多かったとか、

ここは全部、ブラック猫ちゃんなので、安心しました。

今日は梨がどういう風に木に成るのか見れたし、梨の勉強できたし、おまけ、までもらって、嬉しかったです。

 

この梨、一覧表はプリントアウトしておこうと思います。

このすぐ近くに、アスレチックや動植物園もあるのですが、

さすがに真夏にいかがなものかと思い、本日はスルーでしたが、とても楽しい一日になりました。

 

*いつも応援クリック、ありがとうございます!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ

Et cetera  虎の門ヒルズでランチ

今日は半年前から予約していた病院の日。

会社は有給休暇をとりました。

実は、私は以前に大きな手術をしたので、その後も半年~一年に一度、検診を受けています。

今日は、先日の検査結果を先生に聞きに行きました。良好でした。

これで、半年は何も気にせず暮らせます^^
 
 

友達と午後から待ち合わせするつもりが、靴づれになり(いつも履いてる靴なのに・・・)

その場所まで一人で行く自信がなくなり、病院まできてもらって靴屋さんを探しながら、

虎の門ヒルズへ。

長ーーい間、工事をしていましたが、やっと「幻のマッカーサー道路」も完成し、虎の門ヒルズもオープン。

日比谷通りから見ると、工事の囲いで見えなかったけど、一際眩しいビルです。

この「マッカーサー通り」かなりの長さなんですが、

東京都知事がオリンピックにむけて、カフェテラスにする、と宣言したのでかなり、楽しみです♪♪
 

さて、ヒルズ前の階段登って、エントランスから入ると、空間が広く気持ちいいです。

DSC_0790

 

 

 

 

 

 

 

 

 

虎の門ヒルズのキャラクターの、「虎のもん」がドラちゃんと並んでいました。

DSC_0786

 

 

 

 

 

 

 

夏休みなので、子どももチラホラでしたが、オフィスでもあるので、

ランチタイムと重なって、人は多かったです。

私達は、グリーンラタンのアジアンビュッフェ、1000円のランチに。

新しいビルで、どこもきれいだし、オシャレです。

DSC_0781

 

 

 

 

 

 

 

香辛料が効いて、今日みたいに暑い日にはちょうどよかったです。

DSC_0775

 

 

 

 

 

 

 

トムヤンクンスープ、美味しかった。

フォーに、干しエビがふんだんに入っていて、嬉しかったです。

 

DSC_0776

 

 

 

 

 

 

私はよく食べる方なので前菜ビュッフェは、お替りしました。

コーヒーもついて、1000円はかなり、お得。

 

ヒルズを後にして、ビーチサンダルを買って履き替え、今度は日比谷から銀座まで歩きました。

友人が生粋の東京生まれで、どこでも詳しいので、心強いです。

途中、愛宕神社近にある、有名な立食い蕎麦や、「港屋」があったけど、

お昼ごはん食べた直後で、無理でした。

DSC_0768

 

 

 

 

 

 

 

 

いつか、行ってみようと思います。蕎麦の量はかなり多いらしいです。

島耕作が立寄った、というお店らしいです。

 

六本木もそうだけど、今日は外人がたくさん歩いていました。

友人にそう言うと、「まあ、東京だからね」確かに。

虎の門ヒルズでも、外人が過半数のカフェもあって、のぞいたら、メニューは英語でした。

私の語学力は中学生程度なので、そんなお店にウッカリ入ったら、大汗かく所ですが、

彼女がバイリンガルなので今日は安心でした。

途中、お茶して、最後は銀座三越へ。

なりゆきで、三越にビーチサンダルで行く事になったのですが、意外と平気でした。

ま、地下の食料品だったし。

ジョアンのパンと、惣菜コーナーで、泉州の水茄子を買って帰りました。

お昼をしっかり食べたので、夕食はパンとお茶漬け。

水茄子の美味しかった事。

毎日食べたいけど、高いです。550円也・・・一個です。

こういうのが、いつでも買えたら、私は幸せ、感じます。^^

*いつも応援クリック、ありがとうございます!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ

Food  夏カレーは食べたけど、

ここ数日の暑さ、残暑が厳しいです。

帰宅したら、軽くシャワーして、部屋を冷やして、夕食を作り、

食べたらウトウトしてしまう事が多く、

気が付くと4時間位寝てたりで、ここ数日、日付けが変わってからブログ更新しています。

ホント、この暑さ、応えます。

元気付けの、今日の晩ごはん、は夏カレー

2014.08.12 011

 

 

 

 

 

 

元気になるビタミンカラーのカレーにしました。

好物のナスが美味しかったです、元気になる感じ。

 

 
なんて言ってると、元気っぽいですが、

実は昨日の湯川さんの事が気になっていて、今日もずっと頭の中にありました。

シリアに潜入する、その準備や企業内容も確かでないようで、非難を受けるであろうと予測されますが、

私は親御さんを知っているだけに、それでは済ませられずにいます。

どうか帰国できますようにと願うばかりです。

交渉は億単位らしく、無事に成立すればいいのですが、

その後は声明もなく、身を切られる思いで、情報を待たれていると思います。

子育て、って難しいものですね。

42才だから、全て自己責任ですが、親はきっと自分を責めるだろうし、

親不孝な私ですが、これ以上親不孝になるまいと、思ったりしています。
 
 

*いつも応援クリック、ありがとうございます!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ

Et cetera  のぶちゃんから、湯川さんがシリアでと

昨日の昼休み、

オネエの、のぶちゃんから、超早口で、(いつもそうなんだけど) 電話がありました。

「ねえ、今、テレビ観てる?大変たいへんなの、湯川さんが写ってるのよー!」

食堂のテレビは違う番組でしたが、

のぶちゃんとは前勤務先で一緒に仕事をしていました。

その同じビルの隣のフロアに系列会社があって、会社名は違うけど、同じような仕事です。

そこに、湯川さんがおられました。

とても、穏和なやさしいかたで、よくお話もしました。

 

その湯川さんの息子さんがシリアで拘束されたと、のぶちゃんからの連絡。

ユーチューブで湯川(父)確認したので、間違いないようです。

どうして、そんな事になったかは別にして、

 

日本で渦中の人の父として、

まだ消息不明の我が子を思い、辛い時間を過ごされていると思います。

気丈にインタビューを受けておられたけど、どんなに苦しいおもいをされている事か、

無事に帰国できますように、

そして、お父さま、ご高齢ゆえ、体調を崩されないようにお祈り申し上げます。

a0070_000160

 

*いつも応援クリック、ありがとうございます!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ おひとりさまへ にほんブログ村 料理ブログ 一人暮らし料理へ